くろべ名水公園に完成した東屋

くろべ名水公園に完成した東屋

富山県 黒部・宇奈月・新川 その他

名水公園に東屋完成 黒部、清水飲み場快適に

北日本新聞(2020年9月27日)

 黒部市生地地区のくろべ名水公園で26日、公園内に建てた東屋(あずまや)の完成式が行われ、地元住民や関係者ら30人近くが祝った。

 東屋は高さ約3・5メートル、屋根幅約5メートル。清水が湧き出る水飲み場を覆っている。生地自治振興会(漆間中郎会長)が市や県の協力を得て建設し、資材の一部はYKKから寄付を受けた。

 水飲み場は太陽光で藻が生えるため頻繁に清掃する必要があり、負担軽減のために建設した。雨や酷暑の日の水くみが快適になり、住民の利便性向上にもつながる。

 式では漆間会長、大野久芳市長、横山栄県議、浅野慎一YKK副社長黒部事業所長があいさつした。地域振興グループ「生地あいの会」メンバーが公園の清水を使った「水だんご」を振る舞った。

黒部・宇奈月・新川 ニュース