フォトスポットを設置した(右から)大坪さん、安井さん=11月12日、福井県大野市明倫町の「popolo.5」

フォトスポットを設置した(右から)大坪さん、安井さん=11月12日、福井県大野市明倫町の「popolo.5」

福井県 勝山・大野 その他

華やか造花、映え抜群 大野・商業施設にスポット

福井新聞(2020年11月13日)

 福井県大野市明倫町の商業施設「popolo.5」に華やかなフォトスポットが登場し、人気を集めている。同施設に雑貨店を構える2人が「もっといろんな人に施設へ足を運んでもらうきっかけに」と設置した。大きな造花が彩りよく飾られ、"インスタ映え"抜群。11月15日までフォトコンテストを開催している。

 同施設は、市民らが世代を超えて日常的に集う場として2018年春にオープン。フォトスポットは施設の認知度を上げ、実際に足を運んでもらう工夫として、施設内に雑貨店「if―plant」を構えるオーナーの大坪さんと安井さんが仕掛けた。

 フォトスポットは常設で、高さ約2・5メートル、幅約2・7メートル。色鮮やかなダリアやヒマワリ、アジサイなどを隙間なく飾った。全体の色合いは、極彩色の作品で知られる写真家蜷川実花さんを「少し意識」。小道具に使える大きな造花や、スマホ用の三脚などを貸し出しており、手軽に"映える"写真を撮ることができる。写真共有アプリ「インスタグラム」を中心に話題となり、成人式や七五三の前撮り、年賀状用の写真などを撮影する人が訪れ、にぎわっている。

 15日まで、インスタグラムでフォトコンテストを開催。入賞者には同施設5店舗の食事券や商品などを贈る。応募は同施設のアカウントをフォローし、「#ポポフォト」とつけて写真を投稿する。

 市内では武家屋敷の旧田村家と旧内山家に23日まで風車棚などのフォトスポットが設置されている。安井さんは「市内撮影スポットの新たな名所になれば」と話している。。

勝山・大野 ニュース

勝山・大野
イベント

勝山・大野
スポット