飯田市立動物園の入り口で鮮やかに咲いた「飯田城の紅梅」=11日午前10時45分

飯田市立動物園の入り口で鮮やかに咲いた「飯田城の紅梅」=11日午前10時45分

長野県 伊那路 花・紅葉

咲き誇る「飯田城の紅梅」 飯田市立動物園入り口

信濃毎日新聞(2021年3月12日)

 飯田市扇町の市立動物園入り口にある「飯田城の紅梅」が見頃を迎えた。11日は穏やかな日差しを浴びて花をいっぱいに開いていた。

 「飯田城の紅梅」は、動物園の正門前に立つ1本の古木。江戸時代に旧飯田藩士が城主から拝領したとされ、動物園開設の1953(昭和28)年、同市江戸町の藩士邸から移植された。濃いピンク色の花びらが印象的で、行き交う人を園内に誘っているかのようだ。

 動物園によると、見頃は3月末まで。市内から1歳の長女と訪れた丸山留美さん(35)は「空の青空にピンク色が映えてきれい。こんなに立派に咲くんですね」と見上げていた。

伊那路 ニュース

伊那路
イベント

伊那路
スポット