地元ガイドから歴史を教わる参加者=金沢市金石西1丁目

地元ガイドから歴史を教わる参加者=金沢市金石西1丁目

石川県 金沢市周辺 アウトドア・レジャー

金石の未来考えよう 育友会企画 小中学生が港町探索

北國新聞(2021年8月8日)

 金沢市金石町小育友会は7日、子どもが理想の街並みを考えるイベント「みらいの金石のまちをつくろう」(北國新聞社後援)を開いた。コロナ禍で行事の中止や縮小が相次ぐ中、地域への関心を育みたいと企画した。初日は歴史薫る港町を探索してアイデアを語り合い、最終日の8日は「あったらいいな」と思う建物を50分の1の模型で表現する。

 金石町小3~6年と金石中1年の16人が参加した。地元のボランティアガイド「みやのこしこまち」が金石会館を発着点に寺社や築約150年の木造家屋を案内し、「北前船に使われていた木を家の外壁に活用した」などと解説した。

 日本建築家協会(JIA)北陸支部石川地域会が協力した。8日は金沢工大建築学科の2、3年生と児童生徒が2人一組になり、模型を制作する。

 金石中1年の鶴山俊輔さんは「木が似合う町だと実感した。雨でも遊べる所があったらいい」と話した。同1年の米澤郁人さんは「古い建物も大切だけど、曲がり角が多いなど、現代だと不便な所もあると思う」と指摘した。

 育友会長の鶴山雄一さん(40)は「大人になっても町に愛着を持ってほしい」と語った。

えきねっと びゅう国内ツアー

金沢市周辺 ニュース

金沢市周辺
イベント

金沢市周辺
スポット