一面に散ったイチョウの葉で遊ぶ子どもたち=6日、松本市美須々

一面に散ったイチョウの葉で遊ぶ子どもたち=6日、松本市美須々

長野県 松本・上高地・美ヶ原 花・紅葉

落葉と戯れ、黄色き世界 松本市のイチョウ並木、晩秋の風情

信濃毎日新聞(2023年11月7日)

 松本市美須々の市総合体育館周辺で、イチョウ並木の黄葉が進んでいる。時折強い風が吹いた6日は、黄色い葉がはらはらと舞ってじゅうたんのように地面に広がり、子どもたちが落ち葉で遊ぶ姿が見られた。

 同市浅間温泉の「のばら保育園」の園児らは、集めた葉の上にごろごろと寝転び、両手いっぱいの葉を投げ上げて歓声を上げる子も。並木の横にあるマレットゴルフ場を週3回ほど訪れるという同市城西の藤原千寿子さん(76)は「落ち葉が一気に増えて今日が一番きれい。風の動きが目に見えて面白いですね」と晩秋の風情を楽しんでいた。

 長野地方気象台によると、6日の県内は低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で大気が不安定になった。気象庁によると同日午後5時までの最大風速は飯山10・7メートル、飯田8・5メートル、松本8・3メートルなど。7日朝にかけても落雷や竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨の可能性がある。7日午後6時までの24時間予想降水量は南部120ミリ、中部60ミリ、北部40ミリ。
    ◆

【合わせてお読みください】

■赤やオレンジ、黄色...1万本 箕輪のもみじ湖、紅葉真っ盛り【動画付き】

https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2023110200821

■入り乱れる赤、黄、緑 諏訪市の温泉寺 境内の紅葉ライトアップ 

https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2023110200468

詳細情報

リンク
信濃毎日新聞デジタル https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2023110600824
今月のお得な国内ツアー びゅう

松本・上高地・美ヶ原 ニュース