新設された遊具を楽しむ親子連れ

新設された遊具を楽しむ親子連れ

富山県 高岡・氷見・射水 アウトドア・レジャー

インクルーシブ遊具新設 富山県の高岡おとぎの森公園、親子連れでにぎわう

北日本新聞(2024年3月27日)

 富山県高岡市は高岡おとぎの森公園(同市佐野)の幼児用遊具ゾーンをリニューアルした。「見る楽しさ」と「頭と体をフルに使う」をテーマに、障害の有無にかかわらず楽しめる「インクルーシブ遊具」5基が設置され、親子連れでにぎわっている。

 市は昨年、三つのコンセプトの整備案を用意し、小学生以下の子どもにアンケートを実施。投票数が多かった「おとぎのなかのミル×フル」を採用し、インクルーシブ遊具としても利用できる遊具を導入した。

 幼児用遊具ゾーンには、緩やかにカーブしたローラー滑り台やスプリング遊具、ロープを張り巡らせた円形の遊具などが設置されている。

 同公園の整備に向けた「魅力向上計画」の一環で、費用の一部は企業版ふるさと納税で集まった1250万円を活用した。

えきねっと びゅう国内ツアー

高岡・氷見・射水 ニュース