花しょうぶ祭りの魅力をPRする実行委員会メンバー=北日本新聞社

花しょうぶ祭りの魅力をPRする実行委員会メンバー=北日本新聞社

富山県 砺波・南砺・五箇山

涼やかな花を見て楽しんで 砺波・頼成の森で14日から花しょうぶ祭り

北日本新聞(2024年6月13日)

 砺波市の県民公園頼成の森で14日に開幕する「頼成の森 花しょうぶ祭り」の実行委員会メンバーが12日、北日本新聞社を訪れ、見どころをPRした。入園無料。

 北陸最大級の6ヘクタールの水生植物園内に紫や白のハナショウブを中心に600品種70万株が植えられている。高温が続いて開花が早まり初日から見頃になりそうという。わせ、中生(なかて)、晩生(おくて)の品種があり、23日の閉幕まで多彩な花を楽しめる。

 園内は昨年7月の豪雨で被災したものの復旧。土砂に埋まり品種不明となった苗は混植のポット苗として700円(税込み)で販売する。会期中に飲食販売や俳句コンテストがあり、週末はスタンプラリーや育て方講習会などを開く。プリンセスチューリップの佐藤玲羅さんは「涼やかな花を見て楽しんでほしい」と魅力を話した。

えきねっと びゅう国内ツアー

砺波・南砺・五箇山 ニュース