五箇山和紙に観光客が選んだ文字をしたためる書道有段者(左)

五箇山和紙に観光客が選んだ文字をしたためる書道有段者(左)

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

五箇山和紙の魅力発信 南砺・相倉で訪日客イベント、書道有段者が筆で漢字したためる

北日本新聞(2024年7月3日)

 五箇山和紙を通じて日本の伝統文化に親しんでもらうイベントが、南砺市の五箇山観光案内所や相倉合掌造り集落の民宿「勇助」で開かれた。

 市の調査によると、五箇山を訪れる前に和紙を目当てにしていた観光客のうち、実際に購入した人は約5割にとどまり、ギャップがあることが分かった。イベントは観光客向けに情報発信の場として市が試験的に開いた。

 五箇山和紙に筆で漢字を書く様子を見学してもらう趣向。観光客は「愛」や「夢」、「桜」など六つの中から好みを一つ選び、市内の書道有段者がしたためた。来場者は漢字の持つ力や和紙の温かな風合いを感じ取っていた。

 15日には漢字の当て字で表した外国人の名前を、和紙に書くイベントを予定している。

えきねっと びゅう国内ツアー

砺波・南砺・五箇山 ニュース