スタンプラリーのチラシ(右)とガイド

スタンプラリーのチラシ(右)とガイド

長野県 長野市周辺 上田・小諸 祭り・催し

舞台は全国、真田たどる旅 38カ所スタンプラリー

信濃毎日新聞(2016年1月22日)

 戦国大名・真田氏ゆかりの史跡などがある長野、群馬両県の13市町村でつくる「真田街道推進機構」(事務局・上田市観光課内)が、真田氏が縁で交流のある東北、近畿地方の5市町と合わせて18市町村を巡る初のスタンプラリーを実施している。真田信繁(幸村)が主人公のNHK大河ドラマ「真田丸」の放送を機に、注目される真田氏ゆかりの地が連携。併せて作製したガイドを見ながら、それぞれの地で観光を楽しんでもらう狙いだ。

 同推進機構には、長野県内から上田、長野の両市、群馬県内から沼田市や嬬恋村など11市町村が加盟。スタンプラリーには、大坂夏の陣(1615年)で信繁が布陣した茶臼山などのある大阪市天王寺区と、信繁の娘・阿梅(おうめ)が白石城主・片倉重綱の妻になった宮城県白石市、関ケ原の合戦(1600年)後に真田昌幸・信繁親子が蟄居(ちっきょ)していた和歌山県九度山町など4市町が加わった。

 ガイドは縦26センチ、横12センチほどの冊子で46ページ。上田城跡や真田氏ゆかりの寺がある上田市、松代城跡や真田邸のある長野市など18市町村について、真田氏ゆかりの史跡や観光名所などを紹介している。9万9千部作った。

 ラリーはチラシについた応募はがきにスタンプを集める。18市町村の史跡や観光施設など38カ所にスタンプが置いてあり、異なる市町村で三つか、東北、関東、近畿地方の異なる場所で二つ集めれば、市区町村が用意した景品18種類を全てもらえる抽選(100人)に応募できる。締め切りは12月31日(当日消印有効)。

 同推進機構事務局によると、昨秋にスタンプラリーを始めて以来、400通を超える応募があった。中には38カ所全てを訪れた人もいるという。事務局は「スタンプラリーを通して、真田氏ゆかりの地が全国にたくさんあると知るきっかけになればいい」としている。チラシやガイドは上田市観光会館などで手に入る。問い合わせは真田街道推進機構事務局(電話0268・23・5408)へ。

長野市周辺 ニュース

長野市周辺
イベント

長野市周辺
スポット