長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 アウトドア・レジャー

秋の雲海や紅葉、見に来て 富士見で早朝ゴンドラ

信濃毎日新聞(2016年10月22日)

 富士見町開発公社が運営するスキー場「富士見パノラマリゾート」は11月6日までの金、土、日曜、ゴンドラリフトの運行開始を3時間早め、午前5時半から営業している。秋の早朝にスキー場周辺に現れる雲海を見てもらう狙いだ。

 山頂駅の標高は1780メートル。秋の早朝の雲海発生率は約60%という。雲海が一面に発生した日は、朝日に照らされて黄金色に染まった雲の上を、遠くに見える八ケ岳連峰や富士山まで歩いて行けるように見えるという。雲海がなくても、入笠山周辺の紅葉を楽しめる。同公社営業課係長三井秀義さんは「日常では見られない幻想的な景色を楽しんでほしい」と話している。

 祝日の11月3日も早朝運行する。悪天候の場合は中止。往復で中学生以上1650円、小学生800円。未就学児は無料。問い合わせは同スキー場(電話0266・62・5666)へ。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット