しぶきが凍って大きなつららができた乙女滝。周囲の木々も氷に覆われていた=30日、茅野市の横谷渓谷

しぶきが凍って大きなつららができた乙女滝。周囲の木々も氷に覆われていた=30日、茅野市の横谷渓谷

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 その他

冬の乙女は、震える美しさ 茅野・横谷渓谷の氷瀑

信濃毎日新聞(2018年1月31日)

 茅野市郊外の横谷渓谷で、落差25メートルほどの乙女滝(標高約1250メートル)に氷瀑(ひょうばく)ができている。水が流れている部分もあり、氷と水を対比させると、迫力がある。蓼科中央高原観光協会によると、滝の周囲は昨年12月中旬から徐々に凍り始めた。晴天の30日は、青空に映えた。

 近くの横谷温泉旅館によると、周辺では気温が氷点下10度ほどの日が続いている。水量が多くて滝全体が凍り付くことはないが、3月上旬までは氷に覆われた風景が楽しめそう。乙女滝上流の屏風(びょうぶ)岩でも、崖から染み出した水滴が凍って氷瀑ができている。

 立科町から訪れた小林秀樹さん(67)は「冬は初めてだが、夏とは違って迫力がある」と話し、カメラのシャッターを切った。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット