新茶を手際よく刈り取る生産者=加賀市打越町

新茶を手際よく刈り取る生産者=加賀市打越町

石川県 加賀・白山・小松 その他

一番茶摘み取りスタート 加賀・打越の茶畑

北國新聞(2018年5月22日)

 加賀市打越町の茶畑で21日、一番茶の摘み取りが始まった。青空の下、生産者が鮮やかな緑の新芽の刈り取りを手際よく進めた。
 打越製茶農業協同組合は町内6カ所で計約3ヘクタールの茶畑を所有しており、県内最大の茶産地となる。組合員95人が「ヤブキタ」と「オクヒカリ」の2種類を栽培している。
 この日は、生産者が専用の機械を使って新芽を刈り取った。1週間かけて約2トンを収穫し、6月10日から同組合やJA加賀の直売所で新茶を販売する。吉田和雄組合長(70)は「大雪に耐えた茶をおいしく味わってほしい」と話した。

加賀・白山・小松 ニュース