茅野駅で麦草峠線の路線バスに乗り込む観光客ら

茅野駅で麦草峠線の路線バスに乗り込む観光客ら

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 蓼科・八ヶ岳・諏訪 アウトドア・レジャー

麦草峠―茅野駅間バス 信州アフターDC、今年も平日運行

信濃毎日新聞(2018年7月18日)

 県がJR各社と展開している誘客事業「信州アフターデスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせ、茅野市などは17日、同市・佐久穂町境の麦草峠とJR茅野駅を結ぶ路線バス「麦草峠線」の平日運行を始めた。昨年夏の信州DCで試行し、観光客に好評だったことから定着を図る。

 このバスを利用すると、八ケ岳連峰登山の起点の一つ、麦草峠に下車できるほか、佐久穂・小海両町境にある観光スポットの白駒池を訪ねることもできる。平日は10月12日まで、休日の運行は同14日までで、1日3便。

 白駒池は豊かな原生林の中にあり、澄んだ湖面で知られる。市観光まちづくり推進課によると、麦草峠線は昨年7〜10月に土日祝日を含めて107日間運行し、約7千人が利用した。「バスが無ければ来なかった」などの利用者の声も踏まえ、市内観光の活性化も目的に継続することにした。

 茅野駅発は午前9時半、同10時25分、午後2時で、麦草峠発は午前11時5分、午後0時50分、同3時40分。大人の料金は片道1450円。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット