神輿を載せて川を進む御座舟=羽咋市川原町

神輿を載せて川を進む御座舟=羽咋市川原町

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 祭り・催し

神輿載せ御座舟進む 羽咋で川渡し神事

北國新聞(2018年9月16日)

 羽咋神社(羽咋市)の秋季祭礼は15日始まった。夜には同市中心部の長者川で「川渡し神事」が行われ、神輿(みこし)を載せた御座舟(ござふね)が、若衆の威勢の良い掛け声と共に川を進んだ。
 神輿は日中に羽咋地区を練った後、午後9時ごろ、JR羽咋駅近くの紺屋橋の下で御座舟に載せられた。若衆が水しぶきを上げて川に入り、たいまつを掲げながら、約100メートル上流にある八幡神社まで御座舟を先導した。舟は川を何度も行き来して観衆を沸かせた。
 神事は羽咋神社の祭神・磐衝別命(いわつくわけのみこと)が、八幡神社にまつられた妻の三足比咩命(みたらしひめのみこと)に会いに行く道中を表現したとされる。神輿は最終日の16日も町内を練る。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース