ミニ鉄道を楽しむ来場者=クロスランドおやべ

ミニ鉄道を楽しむ来場者=クロスランドおやべ

富山県 砺波・南砺・五箇山 鉄道

小矢部でミニSLフェスタ

北日本新聞(2018年9月17日)

「ミニSLフェスタinおやべ」が16日、小矢部市のクロスランドおやべで始まり、多くの家族連れや鉄道愛好者でにぎわった。17日まで。

 同フェスタは、2007年にミニ鉄道開業1周年を記念して始まり、今年で12回目。常設の8の字型線路約800メートルに加えて、円形の仮設線路約600メートルを設置し、蒸気機関車や北陸新幹線などが走った。関東や関西など全国の鉄道愛好者33組が約30両を持参し、仮設線路を走らせる愛好者もいた。小矢部市のシンボルキャラクター「メルギューくん」と「メルモモちゃん」も訪れた。

 電車が大好きという射水市の田中咲真ちゃん(3)は、同フェスタを初めて訪れ、お気に入りの「かがやき」に乗車した。服の色も電車に合わせたといい「とても速くて楽しかった」と笑顔を見せた。

 メインホールでは、鉄道模型の展示や北陸新幹線などのペーパークラフトを楽しめる。北日本新聞社後援。

砺波・南砺・五箇山 ニュース