職人らと深く交流できることをPRする、スーラを利用した観光のイメージ

職人らと深く交流できることをPRする、スーラを利用した観光のイメージ

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し その他

富山のこだわり旅行提案 高岡の映像製作会社

北日本新聞(2018年10月31日)

 高岡市の映画監督、金森正晃さん(37)が代表を務める映像製作会社「大仏兄弟」(高岡市昭和町)は11月から、個人向けに旅行プランを提案する事業を始める。依頼者の興味に合わせ、県内の職人や酒造家、漁師ら地場産業の担い手と交流できる企画をオーダーメードで考案する。新事業を担当する山崎慶太さん(39)は「富山ならではの魅力に触れられる旅を提案したい」と話している。

 サービス名は「SEURAT(スーラ)」。日本各地に「点」のように存在する文化にスポットを当てようと、点描画で知られる19世紀の画家にちなんで名付けた。

 観光地や名所を巡る従来のツアーとは異なり、「人との出会い」を重視した旅行プランを練る。専用のウェブサイト上で趣味やこれまでの旅の思い出、予算などに関する質問に答えると、山崎さんらが条件に合った人物を選定。工場見学や作業体験、食事会など、交流を深められるイベントを企画する。

 サイトは11月1日から受け付けを開始。11月中に外国人向けの英語版サイトも公開する予定。山崎さんは「ゆくゆくは事業の範囲を北陸全域に広げたい」と展望を語った。サービスの利用料金は1万円から。問い合わせは大仏兄弟、メールアドレスinfo@seurat-trip.com

高岡・氷見・射水 ニュース