高岡市内で作られたホウレンソウや県内産のコマツナなど新鮮な野菜が並ぶ会場=高岡テクノドーム

高岡市内で作られたホウレンソウや県内産のコマツナなど新鮮な野菜が並ぶ会場=高岡テクノドーム

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し グルメ 特産

旬の味求めにぎわい 高岡食彩フェア

北日本新聞(2018年11月19日)

 高岡市の食の魅力をアピールするイベント「2018たかおか食彩フェア」が18日、同市二塚の高岡テクノドームで開かれ、旬の味覚を求める来場者でにぎわった。

 市内で収穫されたホウレンソウやネギなど新鮮な野菜を販売。漬物や焼き芋などの農産物加工品や、「高岡流お好み焼きととまる」「高岡グリーンラーメン」といったご当地グルメの屋台など83ブースが並んだ。富山米の新品種「富富富(ふふふ)」の販売やマグロの解体ショーもあった。

 JA高岡女性部(寺下美智代部長)から高岡まこと銀行(尾崎憲子理事長)に、「愛の米ひとにぎり運動」で集めた精白米220キロが預託された。同銀行を通じて、市内10福祉施設に贈られる。

 高岡署員らによる啓発キャンペーンもあり、11人がチラシを配りながら児童虐待防止と犯罪被害者支援を呼び掛けた。市農林水産業功労者表彰があり、17個人・2団体を表彰した。

 市農林水産業まつり実行委員会とJA高岡食と農ふれあいフェア実行委員会主催、北日本新聞社共催。

 ◇高岡市農林水産業功労者 ▽個人=石田栄子(二塚)茅原伸雄(東部)桜井秀治(野村)柴田清明(小勢)山田和明(石堤)表野伸(能町)向井武司(太田中村)土肥俊夫(牧野)杉本満(北般若)橋本義範(福岡)今城昌臣(醍醐)小林秀司(同)尾崎輝雄(福岡)平田照夫(太田)源常義則(伏木)渡邉修(戸出)立浪敏男(佐加野)▽団体=ファーム12(佐野)手洗野・月野谷(国吉)

高岡・氷見・射水 ニュース