大谷吉継のコミック本発売に合わせ、福井県敦賀市教委などが開くシンポジウムのチラシ

大谷吉継のコミック本発売に合わせ、福井県敦賀市教委などが開くシンポジウムのチラシ

福井県 敦賀・若狭 その他

大谷吉継テーマにシンポジウム 敦賀で12月8日

福井新聞(2018年11月29日)

 敦賀城主大谷吉継のコミック本発売に合わせ、福井県敦賀市教委などは12月8日、吉継をテーマにしたシンポジウムを市きらめきみなと館で開く。コミック本を監修した歴史家で作家の加来耕三さんらを招いたパネルディスカッションなどがある。入場無料。6日まで参加者を募集している。

 吉継のコミック本は、ポプラ社(東京)の人気シリーズ「コミック版日本の歴史」で今月発売。県内の女性歴史愛好家でつくる「ふくい歴女の会」会長の後藤ひろみさん=同県福井市=が原作を手掛けた。豊臣秀吉に忠義を尽くし、親友の石田三成への義を貫いた吉継の生涯を漫画で描いている。

 シンポジウムは午後2時から、加来さんが「奇跡の武将・敦賀城主大谷吉継」と題して講演。パネルディスカッションは、前市立博物館長の外岡慎一郎・奈良大教授がコーディネーターを務め、加来さん、後藤さんらが「未来へつなぐ吉継の想(おも)い」をテーマに語り合う。

 定員200人で、先着順。参加人数、代表者名、電話番号を記入して申し込む。申し込みは市教委文化振興課=電話0770(22)8152。

敦賀・若狭 ニュース