高級古民家リゾート「旅籠丸八」の一つで、和食を提供する施設(写真上)。「コートヤード・バイ・マリオット白馬」が新設した温泉付きプレミアルーム

高級古民家リゾート「旅籠丸八」の一つで、和食を提供する施設(写真上)。「コートヤード・バイ・マリオット白馬」が新設した温泉付きプレミアルーム

長野県 白馬・安曇野 その他

白馬の宿、高級感で集客 22日に2軒がオープン

信濃毎日新聞(2018年12月22日)

 北安曇郡白馬村で22日、富裕層や訪日客の獲得を目指す宿泊施設2軒がオープンする。古民家を改装した高級古民家リゾート施設「旅籠(はたご)丸八」と、村内では初となる外資系ブランドのホテル「コートヤード・バイ・マリオット白馬」で、それぞれ21日に内覧会を開催。スノーリゾートとして訪日客が急増している白馬で、高級感を打ち出した施設として集客を図る。

 旅籠丸八は、スキー場運営の白馬観光開発(白馬村)などが設立した新会社が、3棟の古民家を一つのリゾート施設として開業。古民家2棟(計8室)は長期滞在もできる宿泊施設として改装し、最も料金が高いスイートルーム(140平方メートル)は1室1泊11万円(食事別)から。別の1棟はフロント・レストランとして活用し、近隣の他の宿泊施設の宿泊客も受け入れ、地域の「泊食分離」を促す。

 コートヤード・バイ・マリオット白馬は、不動産開発大手の森トラスト(東京)が運営していたホテルを全館リニューアルして開業。計72室(平均35平方メートル)のうち、28室は温泉付きのプレミアルーム(1泊4万8千〜6万円程度)

白馬・安曇野 ニュース