五角柱の型に餅を流して固める青年部員=白山市笠間公民館

五角柱の型に餅を流して固める青年部員=白山市笠間公民館

石川県 加賀・白山・小松 特産

合格願い、五角の餅作る JA松任笠間青年部

北國新聞(2019年1月14日)

 JA松任笠間地区青年部(白山市)の部員8人は13日、同市笠間公民館で、高校受験を控えた地元の笠間中生に贈る「合格もち」を作った。「合格」の語呂合わせで、つきたての餅を五角形に固め、受験生の健闘を願った。
 合格もちは、地元で収穫されたもち米「白山餅」を使用し、「桜咲く」にちなみサクラエビと、「よろこぶ」の験を担いで昆布を使い、紅白に色付けした。
 19日に地元の笠間神社で合格祈願した後、24日に3年生約110人に届ける。村田和昭青年部長(39)は「餅のように最後まで粘り強く頑張ってほしい」と話した。

加賀・白山・小松 ニュース

加賀・白山・小松
イベント

加賀・白山・小松
スポット