木祖村薮原宿でアイスキャンドルを見つめる住民たち

木祖村薮原宿でアイスキャンドルを見つめる住民たち

長野県 木曽路 祭り・催し

冬の木曽路 宿場にともしび 各地で「氷雪の灯祭り」

信濃毎日新聞(2019年1月27日)

 木曽谷の各地で、夕方から夜にかけてアイスキャンドルをともす「木曽路氷雪の灯(ひ)祭り」が26日、木曽郡内で始まった。週末を中心に2月11日まで、塩尻市贄川から岐阜県中津川市馬籠宿までが順次会場となり、旧中山道の宿場や御嶽山麓などに温かな明かりがともる。

 木曽郡木祖村薮原では「町並みの雪灯(あか)り」と称し、薮原地域自治協議会が開き13回目。役員らが午後6時に約3千個に点火し、住民らが見つめた。街道沿いの各所で豚汁や芋煮、焼き鳥、甘酒などが振る舞われた。例年と違って宿場に雪がほとんどなく、雪像もなかったが、地元の武居雅子さん(80)は「雰囲気は違うけれど明かりはきれい」。

 この日は、木曽町日義宮ノ越と大桑村でも点灯した。

木曽路 ニュース

木曽路
イベント

木曽路
スポット