加賀パフェの新作と開発した各店舗の関係者=加賀市民会館

加賀パフェの新作と開発した各店舗の関係者=加賀市民会館

石川県 加賀・白山・小松 スイーツ

加賀パフェ  絶景などテーマに19年度版

北國新聞(2019年3月12日)

 加賀市のご当地グルメ「加賀パフェ」の2019年度版が完成し、11日に市民会館で発表会が行われた。今回は提供する6店舗が柴山潟の絶景を表した「湯上がりパフェ」、山代温泉・服部神社の祭神にちなむ「縁結びパフェ」などを開発した。12日から販売し、年間2万食の提供を目指す。
 加賀パフェは、加賀九谷野菜や温泉卵を使った5層構造とすることなどを条件に各店が独自メニューを提供している。発表会では、加佐岬から望む日本海の夕景をゼリーなどの層で表現したり、生野菜や漬物を生かして旅館の会席をイメージしたりと、趣向に富んだパフェが披露された。
 提供数は第1弾の16年度が1万296食、17年度が1万3310食、18年度は1万7994食(10日現在)と好調に推移する。加賀ご当地グルメ推進協議会の鴨出学会長は「パフェづくり教室などを通して認知を高め、地域に愛される存在にしたい」と話している。材料費の値上げなどを受け、価格は880円から950円に変更する。

加賀・白山・小松 ニュース

加賀・白山・小松
イベント

加賀・白山・小松
スポット