多くの買い物客が訪れたのみの市=みなとがわ倉庫

多くの買い物客が訪れたのみの市=みなとがわ倉庫

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

のみの市にぎわう 氷見・湊川沿い

北日本新聞(2019年3月18日)

 氷見市中心部の活性化を目指すイベント「みなとがわ のみのいち」の最終回が17日、同市朝日本町の湊川沿いにある貸しスペース「みなとがわ倉庫」で開かれ、多くの買い物客でにぎわった。

 倉庫に入居している洋服店など4店舗に加え、雑貨やアクセサリー、スイーツを扱う市内外の22店が売り場を構えた。クラフトビールやフードのメニューも充実し、幅広い年代が買い物を楽しんだ。

 倉庫は1921年に建てられた土蔵を改修したもので、市がにぎわいの拠点として2017年に貸しスペースにした。当初は入居者が集まらず、地元の商店主らでつくる実行委員会がのみの市を企画。回を重ねるごとに入居する店舗は増え、7回目の今回で最後とした。

高岡・氷見・射水 ニュース