町家の清掃に励む参加者=加賀市大聖寺京町

町家の清掃に励む参加者=加賀市大聖寺京町

石川県 加賀・白山・小松 その他

加賀で町家おくり 九谷作家の堀江さん宅

北國新聞(2019年3月25日)

 改装や取り壊し前の町家を清掃し、最期を見送る活動「おくりいえ」が24日、加賀市大聖寺京町の町家で行われ、参加者は地域の歴史を感じながら壁や床を磨き、感謝をささげた。
 町家は2014年6月に亡くなった九谷焼作家堀江青光(せいこう)さんの自宅だった。木造2階建てで、現在は市建設部長の眞田茂樹さん(59)が所有している。一部の解体、改装を決めた眞田さんがおくりいえの活動を行う設計士の山田憲子さん(43)=金沢市材木町=に依頼し、準備を進めてきた。
 県内外から集まったボランティア約50人が内部に残る九谷焼作品や古本、小物などを運び出し、水拭きで清掃を行った。お気に入りの一品を探す人や、町家のつくりを眺める人もいた。
 今後、蔵や母屋は残す予定で、土壁塗りや床貼りのワークショップを行いながら改装する。眞田さんは「多くの人に集まってもらい感謝している。残された部分は、ものづくりに励む人々のアトリエにしたいと思っている」と話した。

加賀・白山・小松 ニュース