客室でスタッフと打ち合わせをする岡部さん(右)

客室でスタッフと打ち合わせをする岡部さん(右)

長野県 木曽路 アウトドア・レジャー

木曽地方を味わう宿泊施設 南木曽に11日オープン

信濃毎日新聞(2019年3月31日)

 アウトドア観光を企画するMENEX(メネックス、木曽郡南木曽町)が、カヌーなどの体験と地元食材の料理を売りにする宿泊施設「Zenagi(ゼナギ)」を南木曽町田立で完成させた。30日、地元住民ら約50人に披露。4月11日にオープンする。宿泊客に、ガイドと共に木曽地方の大自然を味わってもらう。

 築200年ほどの古民家を改築し、ヒノキ風呂付きの客室を三つ設けた。それぞれ4人まで宿泊でき、アウトドア体験と3食付きで1人12万円。まずは外国人富裕層に売り込む。格付けガイド本「ミシュランガイド」で星を得た料理人が考えた、熊やイノシシ、信州サーモンなどを使った和洋食を出す。

 体験は渓谷下り「キャニオニング」、パラグライダー、木曽川でのカヌーなどを用意。シドニー五輪出場のカヌー選手安藤太郎さん(41)や、昨夏のアジア競技大会パラグライディング団体金メダルの呉本圭樹さん(40)らが考えた。安藤さんは「ここは水がきれいで沢ごとに違った雰囲気が楽しめる」とPRする。

 社長の岡部統行(むねゆき)さん(41)は「使われていなかった自然を観光資源とし、地元農家の食材を付加価値の高い料理にすることで、人を呼べるようにしたい」としている。

木曽路 ニュース