31日から期間限定で提供する「いみずサクラマスバーガー」

31日から期間限定で提供する「いみずサクラマスバーガー」

富山県 高岡・氷見・射水 グルメ 特産

サクラマスバーガーいかが 道の駅新湊

北日本新聞(2019年3月31日)

■うま味や甘み 弾力も

 射水市でブランド化が進められている養殖魚「いみずサクラマス」をPRしようと、道の駅新湊(三箇洋社長)は31日から、同市鏡宮の同施設で「いみずサクラマスバーガー」を期間限定で提供する。

 これまでの陸上養殖に加え今シーズンから海上養殖のいみずサクラマスの出荷が始まり、流通量が増えたことから商品化を企画。地元産のシロエビを使った白エビバーガー(420円)や、シロエビとホタルイカを使った「シホちゃんバーガー」(480円)など地元食材を使ったメニューに続く商品として作った。

 いみずサクラマスのフライをメインにキャベツやレタス、トマトなどをトッピングし、2種類のソースで味付けした。サクラマスのうま味や甘みがしっかりと感じられ、身の弾力も楽しめる。

 価格は700円で、6月末まで1日10個限定で売り出す。同社は「射水の魅力を多くの人に知ってもらい、味を楽しんでほしい」としている。

高岡・氷見・射水 ニュース