県内洋画家の多彩な作品が並ぶ会場

県内洋画家の多彩な作品が並ぶ会場

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し アウトドア・レジャー

洋画家76人 秀作一堂に 庄川美術館でスパークリング展

北日本新聞(2019年4月7日)

 県内の洋画家の作品を集めた「洋画Sparkling!(スパークリング)-2019in庄川展-」が6日、砺波市庄川町金屋の松村外次郎記念庄川美術館で始まり、新作や近作を紹介している。5月26日まで。同館、北日本新聞社主催。

 76人が1点ずつ出品。作家自身のセンチメンタルな心情を表現した居島くに子さん(小矢部市)の「白い風が吹く刻」や、合掌造りを写実的に描いた岡田武良さん(砺波市)の「冬の岩瀬家」、ビル群の中に、らせん階段を花のように描いた神代亞紀男さん(高岡市)の「ビルのらせん 花」など多彩な作品が並ぶ。

 5月11日午前10時からは、展覧会の集いが開かれ、テノール歌手の近藤洋平さんのコンサートと、出品作家の居島さんのギャラリートークがある。

砺波・南砺・五箇山 ニュース