写生大会でチューリップを描く子どもたち

写生大会でチューリップを描く子どもたち

富山県 砺波・南砺・五箇山 花・紅葉 祭り・催し アウトドア・レジャー

24品種50万本彩る 砺波の高波チューリップまつり 写生大会も開催

北日本新聞(2019年4月22日)

 砺波市の高波チューリップまつりは21日、同市高波の観光圃場(ほじょう)で開かれ、24品種50万本の花々が会場を彩った。地元の子どもらが参加した写生大会も開かれた。

 高波地区球根組合(水越久男組合長)が毎年開き、ことしで13回目。1・3ヘクタールの畑に、県産の「黄小町」や「紫水晶」のほか、希少な「マンゴーチャーム」「エルニーニョ」などが来場者を魅了した。

 写生大会では、園児や児童合わせて約40人が集まり、色鉛筆や水彩絵の具などで自由に描いた。会場では子ども用プールに浮かべた花を摘み取る「チューリップすくい」や切り花、鉢物の販売もあった。北日本新聞社後援。

砺波・南砺・五箇山 ニュース