祭りをPRするポスターを手にする澤田委員長(中央)ら=南砺市商工会福光事務所

祭りをPRするポスターを手にする澤田委員長(中央)ら=南砺市商工会福光事務所

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

ねつおくり祭りPR 実行委がポスター

北日本新聞(2019年6月7日)

 7月25日に南砺市福光地域中心部で開幕する第64回なんと福光ねつおくり七夕祭りの実行委員会(澤田喜朗委員長)は、祭りをPRするポスターを作った。小矢部川河川敷で800発を打ち上げる「なんとめでた花火大会」など、期間中に予定している多彩な催しの写真を盛り込んだ。

 祭りは7月25~28日の4日間にわたって開き、会期中は福光地域の商店街約2キロに豪華な七夕飾りや夜店が並ぶ。

 25日はマーチングロードに続き、民謡街流しが行われる。ことしの街流しには初めて福光地域の全金融機関6行の職員が参加。26日は子どもみこしオンパレードに続き、午後8時からなんとめでた花火大会を繰り広げる。27日はよさこい演舞や地元ミュージシャンによるステージ、29日は赤ちゃんハイハイレースなどを予定する。

 ポスターは550枚作り、協賛団体や商店街の各店に配布する。澤田委員長は「真夏の暑い夜に夕涼みがてら、豪華な七夕飾りと夜店を楽しんでもらいたい」と話している。問い合わせは市商工会福光事務所、電話0763(52)2038。祭りと花火大会は北日本新聞社共催。

砺波・南砺・五箇山 ニュース