7月から新ルートで運行する「スカイバス富山」=富山駅前

7月から新ルートで運行する「スカイバス富山」=富山駅前

富山県 富山・八尾 その他

「スカイバス富山」3コース新設 地鉄、7月から

北日本新聞(2019年6月26日)

 富山地方鉄道は7月から、屋根を取り払った2階建てのオープントップバス「スカイバス富山」を新たなルートで運行する。酒を楽しみながら夕暮れの富山市内を巡る「夕涼み」、高速道路を走る「ハイウェイ」、魚津市内を回る「しんきろうロード」の3コースを設定した。現行ルートの運行は今月30日で終了する。

 バスは2階に40席を備え、高さ3・8メートルから360度のパノラマを楽しめる。5月22日から、富山駅を発着点に富山城址公園や富岩運河環水公園など、富山市内を巡るコースで運行。水曜を除く平日に1日5便、土日と祝日に1日7便を走らせている。同社によると、平日の午前中や休日の便を中心に満席となることも多いという。

 新ルートについて同社は「利用客から『違うコースもあればいい』との声が上がっていた。富山の夏を満喫できるよう内容を充実させた」とPRしている。

 期間はコースごとに違い、それぞれ7月上旬から8月上旬の間に運行する。ダイヤや運賃、乗車券販売窓口などもそれぞれ異なる。問い合わせは同社、電話076(432)3456。

富山・八尾 ニュース