OWSの富山大会の開催に向け、岩瀬浜で練習する参加者

OWSの富山大会の開催に向け、岩瀬浜で練習する参加者

富山県 富山・八尾 祭り・催し

岩瀬浜でオープンウオーター水泳大会 9月、CF活用し参加募集

北日本新聞(2019年6月30日)

 海や川など自然の中で行う水泳競技「オープンウォータースイミング」(OWS)の富山大会の開催に向け、スポーツ愛好家らでつくる実行委員会(荒瀬洋太委員長)は、クラウドファンディング(CF)を活用して参加者や運営費を募っている。9月8日に富山市の岩瀬浜海水浴場で行う予定で、開催が決まれば県内初のOWS大会となる。海に親しみながら環境保全について考えてもらうのが狙いだ。 

 「世界で最も美しい湾クラブ」の総会が10月に県内で開かれることを受け、富山湾の美しさを体感してもらおうと、富山市を拠点に活動するスポーツチーム「チームアバンテ」などが企画。海水浴場にある消波ブロックの内側(1周750メートル)を周回し、3キロと1・5キロ、750メートル、ジュニアの部門に分かれて競う。

 初開催とあって関心の度合いなどを見極めるため、CFで運営費の支援と参加者を募る。目標金額を達成できれば今後は年1回開催し、将来的には日本水泳連盟が認定するOWSのサーキット大会への加盟を目指す。

 7月6、20日午前5時からは同海水浴場で清掃活動と練習を行う。実行委事務局は「OWSへの参加を機に、海の環境を考えるきっかけにもなればいい」と話している。

 CFの募集は7月31日まで。URLは、https://camp-fire.jp/projects/view/162286。問い合わせは事務局の宮田さん、電話090(2378)5406。

富山・八尾 ニュース