完成したポスターをPRする上田委員長(右から2番目)ら

完成したポスターをPRする上田委員長(右から2番目)ら

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し アウトドア・レジャー

福岡町つくりもんまつりポスター完成 誘客にインスタ活用

北日本新聞(2019年8月1日)

 高岡市福岡地域で毎年9月23、24日に開かれる「福岡町つくりもんまつり」の実行委員会が31日、市役所福岡庁舎であり、行事内容を決めた。今年は新たに写真共有アプリ「インスタグラム」を活用した投稿キャンペーンを企画するほか、あいの風とやま鉄道と連携した「イベントタイアップきっぷ」を販売する。

 インスタグラムを活用したキャンペーンでは、まつり期間中に撮影した最も楽しそうな写真を投稿した人に景品が贈られる。

 イベントタイアップきっぷは、富山駅-越中宮崎駅間の各駅から福岡駅までの往復運賃が千円になる。来場者を誘致し、にぎわいづくりにつなげる。

 このほか、まつりのPR動画を福岡にぎわい交流館で上映する。

 昨年のつくりもんコンクールの優勝作品を載せたポスターも発表。B1サイズを千枚、A3サイズを100枚用意し公共施設や駅などに配る。

 上田久之実行委員長は「今年も盛大に盛り上げていきたい」と述べ、石澤義文福岡町観光協会長、勢藤北日本新聞社常務西部本社代表らがあいさつした。北日本新聞社共催。

 ◇主な実行委役員▽顧問=石澤義文(福岡町観光協会長・市商工会名誉会長)駒澤信雄(北日本新聞社長)井村昭彦(福岡町観光協会顧問)川島国(県議)村田芳朗(副市長)▽実行副委員長=矢竹有至(福岡町地域自治会連合会長)勢藤和弘(北日本新聞社常務西部本社代表)増岡一郎(市商工会福岡支部長)木村英二(同副支部長)張田真(福岡町工場協会長)岡田繁正(いなば農協組合長)

高岡・氷見・射水 ニュース