丸太を回しながらバランスを取る子どもたち

丸太を回しながらバランスを取る子どもたち

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し アウトドア・レジャー

丸太の上 バランス勝負 庄川水まつり流木乗り選手権

北日本新聞(2019年8月4日)

 庄川水まつりは3、4の両日、砺波市庄川水記念公園で開かれた。丸太乗りで対戦相手を水に落とす「流木乗り選手権」や長さ175メートルのウオータースライダーなど多彩なイベントが行われ、家族連れらが水べりで一日を楽しんだ。

 流木乗り選手権はジュニアの部を行い、県内外の小学生ら27人が出場した。プールの上で丸太を足で回しながらバランスを取り、相手が落ちるまで我慢した。勝敗が決まり、水しぶきが上がると歓声が沸いた。

 ウオータースライダーは公園前の坂道に設けられ、子どもたちがスリルを満喫した。弟と父との3人で滑り「夏休み最高」と叫んだ江端天音君(富山市蜷川小4年)は「スピードが出て気持ち良かった」と笑顔で話した。

 アユの塩焼きなどを販売する飲食コーナーもある。4日は流木乗りの一般の部やステージイベントが行われた。同まつり実行委員会主催、北日本新聞社後援。

 ◇流木乗り選手権▽小学5、6年(1)神下翔星(庄川)(2)今井結愛(砺波東部)(3)中西裕哉(砺波北部)▽3、4年(1)嶋田絋呂(出町)(2)横山空奏(城端)(3)米道心希(出町)▽1、2年(1)神下大和(庄川)(2)堀川莉玖(太閤山)(3)前野七海(出町)

砺波・南砺・五箇山 ニュース