展示されたバケツスゲ=新高岡駅

展示されたバケツスゲ=新高岡駅

富山県 高岡・氷見・射水 北陸新幹線 特産

観光客に特産スゲPR 福岡の生産組合

北日本新聞(2019年8月6日)

 越中福岡スゲ生産組合(村本孝義組合長)は5日、高岡市のJR新高岡駅とあいの風とやま鉄道福岡駅で、福岡地域特産の菅笠(すげがさ)と「バケツスゲ」の展示を始めた。9日まで。

 地元の特産品を観光客に知ってもらおうと、毎年夏に実施している。

 新高岡駅の改札前通路には、菅笠の材料となるスゲをバケツで栽培した状態で展示。伝統の「一文字笠」を飾ったほか、スゲの栽培過程をまとめたパネルも設置した。福岡駅にはバケツスゲに加え、角笠や富士笠、ヘルメット笠などさまざまな形状の菅笠を並べた。

高岡・氷見・射水 ニュース