剣ケ峰への登山道から見た二ノ池。火山灰が大部分を覆っている

剣ケ峰への登山道から見た二ノ池。火山灰が大部分を覆っている

長野県 木曽路 アウトドア・レジャー

二ノ池、消えてしまう... 御嶽山噴火時の火山灰が流入

信濃毎日新聞(2019年9月13日)

 御嶽山の標高約2900メートル地点にある天然の池「二ノ池」に2014年9月の噴火で周囲に降った火山灰が流れ込み、面積が年々小さくなっている。噴火前はエメラルドグリーンの水が見事で、登山客が景色を楽しんだ御嶽山の名所の一つだった。消滅するのではと心配する声が上がっている。

 二ノ池は山頂剣ケ峰(3067メートル)の北にある。研究者らによると、かつての火口に水がたまってできた。木曽町などは国内最高地にある池だとPRしている。

 14年の噴火前から近くの山小屋で支配人を務める小寺祐介さん(39)によると、火山灰はまず、池の東側のいつもは枯れている部分にたまり始めた。その後、池にも流れ込み、埋まる面積は年々増加。今年は西側に少し水が残る程度になってしまった。

 小寺さんによると、御嶽信仰の信者の中には、二ノ池を登拝の目的地とする人や水をくんで行く人がいる。「御嶽山の魅力の一つなので、なくなってほしくはない」としつつ「これも自然の営み。見守るしかないのかなと思う」と話している。

木曽路 ニュース

木曽路
イベント

木曽路
スポット