220インチの大型ビジョンを導入した広場=ファボーレ

220インチの大型ビジョンを導入した広場=ファボーレ

富山県 富山・八尾 アウトドア・レジャー

回遊性の高さ追及 ファボーレ、19日増床開業

北日本新聞(2019年10月18日)

 増床リニューアルオープンを19日に控えるファボーレ(富山市婦中町下轡田)は17日、増築棟と既存棟の報道機関向け内覧会を開き、新店追加で一新した売り場や、大型ビジョンを導入した広場などを公開した。増築棟との連絡通路を設けることで回遊性を高め、買い物をしやすくした。 

 増築棟は2階建てで、南側駐車場のスペースに設けた。これで売り場面積は1・4倍の5万1千平方メートルに拡大。専門店は171店となり、うち北陸初・県内初が33店となった。既存棟も改装し、増築棟と合わせて売り場構成を見直した。新規の86店と館内移転の35店を合わせると、テナント全体の7割を刷新した。

 ショッピングセンター全体の四隅に大型店を配置した「サーキットモール型」の売り場とし、来客の回遊を促す。目玉のフードコートは増築棟2階に全13店舗で約900席。子育て世代のニーズを取り込むため、子ども向け商品の店舗を集めたエリアとしては県内最大規模という「キッズワールド」を設けた。

 既存棟にある吹き抜け空間「太陽の広場」には220インチの大型ビジョンを導入した。

 19日は午前9時半から式典が始まり、同10時にオープンする。

富山・八尾 ニュース