南砺菊まつりが開幕し、色とりどりの菊を眺める来場者=南砺市園芸植物園

南砺菊まつりが開幕し、色とりどりの菊を眺める来場者=南砺市園芸植物園

富山県 砺波・南砺・五箇山 花・紅葉 祭り・催し

秋彩る200種3万本 南砺菊まつり

北日本新聞(2019年11月4日)

 北陸の秋を彩る「南砺菊まつり」が3日、南砺市園芸植物園(同市柴田屋・福野)で開幕し、北陸菊花、南砺菊花両大会の出品作など約200種3万本の菊が来園者の目を楽しませている。10日まで。

 猛暑の影響などで両大会への出品数は減ったが、彩りの豊かさは例年通り。ボリューム感のある厚物(あつもの)、ストローのような形をした花びらが繊細な管(くだ)物などが白や紫、黄色の鮮やかな花を咲かせている。小菊などを組み合わせた五重の塔や恐竜といった造形物も注目を集めた。

 菊まつりは、南砺市菊花協会を中心につくる実行委員会が毎年開催している。開会式では、鍛治直弘実行委員長があいさつ。田中幹夫市長と橘慶一郎衆院議員が祝辞を述べ、テープカットで開幕を祝った。北陸菊花、南砺菊花両大会は北日本新聞社共催。

 9、10日は、同市福野体育館で全日本菊花連盟全国大会南砺大会が開かれる。

砺波・南砺・五箇山 ニュース