世界の国々を描いた色鮮やかな着物が並ぶ「きものの祭典in十日町」の展示会場=十日町市の「段十ろう」

世界の国々を描いた色鮮やかな着物が並ぶ「きものの祭典in十日町」の展示会場=十日町市の「段十ろう」

新潟県 十日町・松之山・津南 祭り・催し

鮮やかな着物世界をイメージ 十日町で祭典 11月23日

新潟日報(2019年11月21日)

 織物産地を彩る「きものの祭典in十日町」の着物ショーが11月23日、新潟県十日町市本町1の越後妻有文化ホール「段十ろう」で開かれる。ステージでは国内各産地で作られた、世界の国々をテーマにした着物が登場する。これに先立ち同所では20日、さまざまな着物の展示会が始まった。

 ショーは23日午後1時半に開会。東京五輪に出場が見込まれる206の国・地域を、着物で表現する「KIMONOプロジェクト」として、全国で制作された中から、20カ国の着物を集める。当日は十二単(ひとえ)の着付け実演や十日町総合高校生の研究発表なども行われる。

 展示会では、同市で作られたクロアチアとイエメンの着物など、同プロジェクトによる28点が並ぶ。太陽やコンドルを描いたボリビアや、南国の植物を描いたパラオなど、いずれもカラフルな着物ばかり。

 ほかにも十日町産の着物や、十二単の装束などが紹介されている。

 中条の自営業男性(66)は「配色も独特で楽しい。日本の技術や伝統を世界に発信できるいい企画だ」と話していた。

 祭典・展示とも入場無料。問い合わせは市産業政策課、025(757)3139。

十日町・松之山・津南 ニュース

十日町・松之山・津南
イベント

十日町・松之山・津南
スポット