胡桃火神社のお守りと絵馬、合格祈願米を手に笑顔の自治会メンバー

胡桃火神社のお守りと絵馬、合格祈願米を手に笑顔の自治会メンバー

富山県 高岡・氷見・射水 その他

「滑らない」お守りどうぞ 氷見・胡桃火神社

北日本新聞(2019年11月25日)

 氷見市の胡桃(くるみ)自治会は24日、「滑らない神社」として知られる地元の胡桃火神社で、合格祈願や災いよけのお守りと絵馬の「御霊遷(みたまうつ)しの儀」を行った。

 胡桃地区では過去に何度も地滑りが起きたが、集落が壊滅状態になった1964年を含め、神社は無事だった。縁起がいいことに着目した自治会が、2007年から境内の神木を利用してお守りと絵馬を作っている。

 この日は、お守り370個と絵馬55枚に加え、地元で収穫した「てんたかく」(1・8キロ)15袋を合格祈願米として祭壇に供え、谷内田重次会長(75)ら10人ほどが参列して神事を行った。

 お守り、絵馬は各千円、合格祈願米は2千円(いずれも税込み)。25日から同神社境内とJA氷見市八代支所で販売する。事務局の森昭市さん(71)は「売上は神社の維持管理に使う。験担ぎにどうぞ」と呼び掛けた。

高岡・氷見・射水 ニュース