ミライエの会場で賛美歌を響かせる日本キリスト教団敦賀教会の有志=12月21日夜、福井県敦賀市の金ケ崎緑地

ミライエの会場で賛美歌を響かせる日本キリスト教団敦賀教会の有志=12月21日夜、福井県敦賀市の金ケ崎緑地

福井県 敦賀・若狭 祭り・催し

光の港に賛美歌響く 敦賀・ミライエで披露

福井新聞(2019年12月23日)

 福井県敦賀市の金ケ崎緑地で開かれているイルミネーションイベント「ミライエ」の会場で12月21日夜、賛美歌が披露され、来場者がクリスマスムードに浸った。

 日本キリスト教団敦賀教会(同市本町2丁目)の有志15人がキャンドル型のライトを手に、フルートの伴奏に合わせて、「もろびとこぞりて」「きよしこの夜」など5曲を歌い上げた。夜の敦賀港を約55万個の発光ダイオード(LED)電球で彩るイルミネーションを楽しもうと訪れた多くの人が足を止め、清らかな歌声に聴き入った。

 ミライエで同教会が賛美歌を披露するのは3年目。牧師の有岡史季さん(33)は「たくさんの人に聴いてもらえ、雰囲気もぴったり。気分を盛り上げ、それぞれの家庭でクリスマスを楽しんでほしい」と話していた。ミライエは25日まで。

敦賀・若狭 ニュース