神門のしめ縄を取り替える神職=尾山神社

神門のしめ縄を取り替える神職=尾山神社

石川県 その他

尾山神社 迎春準備、神門のしめ縄新調

北國新聞(2019年12月24日)

 尾山神社で23日、神門のしめ縄の取り替え作業が行われ、神職と巫女5人が迎春の準備を整えた。
 神職らは古いしめ縄を取り外し、長さ5・5メートル、重さ約20キロの新しいしめ縄を慎重に取り付けた。しめ縄は南砺市の農家でつくる「瑞穂の会」が奉納した。神門への取り付けで境内約20カ所の交換を終えた。役目を終えたしめ縄は来年1月12、15日の左義長で焼納される。

石川県 ニュース