プリンセスチューリップの(左から)山岸さん、野村さん、土田さん、岡崎さん=チューリップ四季彩館

プリンセスチューリップの(左から)山岸さん、野村さん、土田さん、岡崎さん=チューリップ四季彩館

富山県 砺波・南砺・五箇山 花・紅葉 その他

プリンセスチューリップ発表 砺波、フェア中止も来年開催へPR

北日本新聞(2020年4月19日)

 砺波市の2020プリンセスチューリップ4人が18日、同市のチューリップ四季彩館で発表された。22日開幕予定だったとなみチューリップフェアは新型コロナウイルス感染防止のため中止となったが、第20代となったプリンセスは、さまざまなPR活動を通じて来年の第70回フェアや砺波の魅力を発信する。

 プリンセスは山岸実優(みう)さん(20)=富山市、大学生=、野村紗姫(さき)さん(27)=砺波市、会社員=、土田萌乃香(ほのか)さん(19)=富山市、大学生=、岡崎叶(かなえ)さん(19)=富山市、大学生。

 任期は来年のフェア終了まで。15人の応募があり2次の審査を経て選ばれた。今年の制服は黄とピンクの2色で、いずれも県産品種の「黄小町」と「恋のはじまり」からイメージした。

 チューリップフェアをはじめ、例年プリンセスが出向く各地のイベントは中止となっており、休園中の砺波チューリップ公園の開花状況を紹介する動画への出演などが初仕事となる。

 4人は「フェア中止は残念だが、関係者の思いを引き継いで来年の70回に向けて精いっぱいPRしたい」と意欲を披露。山岸さんは「県や砺波の魅力を伝えたい」、野村さんは「出身地の砺波の郷土料理を知ってほしい」、土田さんは「チューリップの花言葉『思いやり』を大切にしたい」、岡崎さんは「花のような笑顔で頑張ります」と一人ずつ抱負を述べた。

砺波・南砺・五箇山 ニュース