アマビエを描いた和ろうそく=七尾市一本杉町の高澤商店

アマビエを描いた和ろうそく=七尾市一本杉町の高澤商店

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 特産

七尾市の商店 「アマビエ」で和ろうそく

北國新聞(2020年5月4日)

 七尾市一本杉町の高澤商店は3日までに、疫病を払うとされる妖怪「アマビエ」を描いた和ろうそくの販売を始めた。新型コロナウイルスの早期終息を願い、職人が半人半魚の姿をした妖怪を一本ずつ手描きした。
 ろうそくは黒と白の2種類で「病魔調伏」の文字も書かれている。高澤久(ひさし)代表(47)は「古くから、火には邪気を払う力があるとされている。炎を見て心が安らいでくれればうれしい」と話した。
 ろうそくは1本880円(税込み)、燭台(しょくだい)とセットで2750円(同)。オンラインショップのみで販売する。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット