頭脳パンを受け取る児童=加賀市大聖寺永町

頭脳パンを受け取る児童=加賀市大聖寺永町

石川県 加賀・白山・小松 特産

「頭脳パン」児童に配布 加賀市大聖寺永町子ども会

北國新聞(2020年5月14日)

 加賀市大聖寺永町子ども会の「頭脳パンを食べてふるさと学習大作戦」(本社後援)は13日、同町公民館で行われ、「加賀ふるさと検定」の受検を目指す児童に地元パン店の名物「頭脳パン」を配った。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校中、頭の働きを良くするとされる栄養素が含まれたパンを自宅で味わい、郷土について学んでもらう。
 頭脳パンは金沢製粉(金沢市)のビタミンB1を多く含む小麦粉「ずのう粉」を使用したパンの呼称。くまのベーカリー(加賀市大聖寺新町)がレーズンを入れて作った頭脳パンを、錦城東小の児童23人が受け取った。
 12月の加賀ふるさと検定に向け、児童は加賀商工会議所から事前にもらったテキストを活用しながら勉強を進める。
 福原獅央君(5年)は「パンを食べて地道に受検勉強を頑張りたい」と話した。

加賀・白山・小松 ニュース

加賀・白山・小松
イベント

加賀・白山・小松
スポット