コシヒカリの苗を植える早乙女=中能登町東馬場

コシヒカリの苗を植える早乙女=中能登町東馬場

石川県 祭り・催し

早乙女豊作願い 中能登、新嘗祭へ田植え

北國新聞(2020年5月19日)

 11月23日の宮中行事「新嘗祭(にいなめさい)」に用いる米を栽培する献穀田(けんこくでん)の御田植式(おたうえしき)は18日、中能登町東馬場の水田で行われ、早乙女が着物姿でコシヒカリを植え、豊作を願った。
 同町から献穀田が選ばれるのは9年ぶりで、農事組合法人あぐりばんば代表理事の竹森裕さん(65)が献穀者となった。早乙女は孫の竹森友菜さん(羽咋高1年)ら児童生徒8人が務め、強い風が吹く中、苗を丁寧に植えていった。
 県中能登農林総合事務所の臼池秀紀所長、杉本栄蔵町長、宮下為幸議長、JA能登わかばの坂井助光組合長が順に祝辞を述べ、竹森裕さんは「しっかり丹精し、大切に管理したい」と意気込みを示した。中能登町からは精米5合が献納される。

石川県 ニュース