黄色や紫色がきれいなハナショウブ=6月5日、福井県小浜市浅間の常高寺

黄色や紫色がきれいなハナショウブ=6月5日、福井県小浜市浅間の常高寺

福井県 敦賀・若狭 花・紅葉 祭り・催し

小浜・常高寺でハナショウブ愛らしく

福井新聞(2020年6月6日)

 常高院(お市の方の次女、お初)の墓所がある福井県小浜市浅間の常高寺で、ハナショウブが見頃を迎えている。黄色や紫色、白色の花びらが愛らしく、恒例の「花菖蒲まつり」として6月6日から公開される。21日まで。

 花好きの澤口輝禅住職(80)が、敷地内の湿地を彩ろうと20年以上前に植え始め、40種、約2500株に増えた。2001年ごろから「花菖蒲園」(約500平方メートル)として公開している。

 例年同様、5月23日から咲き始めた。澤口住職は「花の形、色合いの違いを楽しんでほしい」とPRしている。

 公開は午前9時~午後5時。入園料300円。抹茶席も設けられ、菓子付きで1席450円。

敦賀・若狭 ニュース

敦賀・若狭
イベント

敦賀・若狭
スポット