営業再開に向けて準備を進める店員=白山市八幡町

営業再開に向けて準備を進める店員=白山市八幡町

石川県 加賀・白山・小松 アウトドア・レジャー 麺類

鶴来のそば店 獅子吼高原眺め屋外で食事

北國新聞(2020年10月7日)

 新型コロナの感染防止で2月から自主休業していた白山市八幡町のそば店が7日、営業を再開する。3密にならないよう駐車場に設けたプレハブで調理し、屋外で食べてもらう形に変更する。駐車場からは雄大な獅子吼(ししく)高原の景色が楽しめる点もアピールし、客を呼び込む。
 再開するのは「白山お宿そば処さかい」で、コロナ禍を受け、併設する旅館は営業を続けていたが、そば店は自主的に休んでいた。感染状況をうかがいながら、来店者が安心して食べられるよう駐車場に調理場と飲食スペースを用意。9月下旬にプレオープンして開店へ準備を進めてきた。
 おろしきのこそば、ニシンそばなど7種類のほか、炭火台で焼き上げた白山麓産のイワナも用意する。駐車場に設けたテーブル4台を利用することができ、車の中でも食べられる。
 営業再開には県の補助金を活用した。酒井進代表(62)は「コロナ禍の中で、逆に新しいことにチャレンジするきっかけができた。密を避け、そばと景色を楽しんでほしい」と話した。

加賀・白山・小松 ニュース

加賀・白山・小松
イベント

加賀・白山・小松
スポット