兄の「令」(右)と弟の「和」

兄の「令」(右)と弟の「和」

富山県 富山・八尾 その他

双子レッサーパンダ「令和」引っ越し 富山市ファミリーパーク

北日本新聞(2020年11月11日)

■12月5日にお別れ会

 富山市ファミリーパーク(同市古沢)で昨年7月に生まれたレッサーパンダの雄の双子「令(れい)」と「和(かず)」が繁殖のため、他の動物園に移ることが10日決まった。兄弟一緒の姿を見られるのは12月6日まで。同月5日にお別れ会を開く。

 レッサーパンダは絶滅危惧種で、国内60施設が270匹を飼育している。日本動物園水族館協会の管理計画に基づき、兄「令」は同月7日に名古屋市の東山動植物園に移る。弟「和」の移動先と時期は調整中。

 2匹は、令和元年生まれにちなんで名付けられた。昨年10月に公開され、仲良くじゃれ合う様子が人気を集めている。

 レッサーパンダ舎では、2匹の成長記録を紹介する写真展や、2匹への応援メッセージを募るコーナーを設けている。動物課の小峠拓也課長代理は「2匹が離れるのは寂しいが、来冬には繁殖が可能になるので、良いお父さんになってほしい」と話した。

富山・八尾 ニュース