丁寧に梅ようかんを作る会員

丁寧に梅ようかんを作る会員

富山県 高岡・氷見・射水 特産 スイーツ

冬季限定の味「梅ようかん」 氷見・稲積好梅サークル

北日本新聞(2020年12月11日)

 氷見市特産の稲積梅を使った加工に取り組むグループ、稲積好梅(こうばい)サークル(浅付とみ子代表)の梅ようかん作りが10日、同市間島の加工場で始まった。冬季限定で提供する。

 「稲積娘(いなづみっこ)」の商品名で、白あんを寒天に溶かし、梅果汁と果肉を加えて容器で固める。上品な甘さとほのかな酸っぱさが特徴で正月用に人気がある。

 この日は会員3人が丁寧に作業し、容器にラベルを貼った。浅付代表は「今年は梅の収穫量が少なかったが、おいしいのでぜひ味わって」と呼び掛けた。

 千個限定で13日から店頭に並べる。1個(100グラム)190円、箱入り(10個)2200円(共に税込み)。ひみ番屋街やJAグリーンひみなどで販売する。問い合わせは同サークル、電話0766(74)6653。

高岡・氷見・射水 ニュース