荷さばき場に並び、競りに掛けられたブリ=能登町の宇出津港

荷さばき場に並び、競りに掛けられたブリ=能登町の宇出津港

石川県 特産

ブリ758本 連日の大漁 能登・宇出津港 今季最多

北國新聞(2020年12月19日)

 能登町の宇出津港で18日、今季最多となるブリ758本が水揚げされた。17日には560本が揚がっており、連日のまとまった水揚げに仲買人らが競り声を弾ませた。
 ブリは能登町沖の4カ所の定置網に入り、670本が金沢市中央卸売市場に運ばれ、88本が石川県漁協能都支所で競りに掛けられた。10キロ以上で支所の地域ブランド「宇出津港のと寒ぶり」には60本が認定された。最大は13・5キロだった。
 支所によると、寒波とともに海水温が下がってブリが回遊して来たとみられ、身の締まり具合や脂の乗りもいいという。

石川県 ニュース